So-net無料ブログ作成

ワイエスファミリーの水彩画(1/4)ー 父祖NCワイエスの絵 [絵]


NCワイエスは、高名なアメリカの国民的画家アンドリュー・ワイエスの父である。
A.ワイエスは心身ともに虚弱であったため、ほとんど学校教育を受けず、家庭教師から読み書きを習い、著名なイラストレーター(挿絵画家)であった父親ニューウェル・コンヴァース・ワイエス(Newell Convers Wyeth 1882-1945 NCワイエスと略)に絵を学んだ。

NCワイエスはアメリカのマサチューセツ州生まれ。ハワード・パイル(イラストレーター1853-1911)の元で美術を学び、雑誌のイラストレーター、挿絵画家として活躍した。1911年の「宝島」(スティーブンスン)を皮切りに、多数の冒険小説の挿絵本を手掛けた。
他にロビンフッド、モヒカン族の最後(クーパー)など。
60年以上前に自分たちが熱狂した山川惣治、小松崎 茂 らの「少年画報」や「冒険王」の絵を思い出させる絵である。

NCワイエスは、挿絵画家として活躍する傍ら、ペンシルバニア州チャッズ フォードで次男(末っ子)アンドリューのみならず長女ヘンリエッタ、次女カロラインと二人の婿(ヘンリエッタの夫ピーターハード、三女アンの夫ジョンマッコイ)を生徒として絵を教えた。
A.ワイエスは、アメリカの国民的画家となり、長女ヘンリエッテ、二女キャロライン、三女アンも著名な画家となる。長女ヘンリエッタの夫ピーター・ハード、三女アンの夫ジョン・マッコイも画家である。その子供達からも多くの画家が生まれている。

長女ヘンリエッタの場合でみれば、夫ピーター・ハードとの間に生まれた長女キャロル・ハード(NC3世代)も画家、さらにそのキャロル・ハードの長男ピーター(1959-)も画家である。ピーターは、NC4世代ということになるが、今55歳だからむろん働きざかりであろう。

アンドリュー・ワイエスの息子(次男)ジャミー・ワイエス(1946-ジェイミーとも)も高名な画家となって活躍する。NCの孫ということになる。
三代、4代ににわたる画家一族は、何を伝え、受け継ぎあるいは影響し合ったのかと考えるだけで興味深い。
彼らの絵は常に、環境か遺伝か、Is it environmental or genetic? と問われ続けられる。

NCワイエスを頂点とするワイエスファミリーは、アメリカの著名な名門画家一族として知られ、アーチストの血統(The artistic bloodline )が滔々と大河をなしている感がある。

その画家ファミリーの父祖ともいうべきNCワイエスの絵はどんなものだったか、まず最初に見なければなるまい。

image-20140530170843.png

「The Silent Fisherman 」(1907)NCワイエスには、ネイティヴ、インディアンの絵が多い。
「The Artis't Studio, Chads Fords, Pensilvania」( 1910 Oil )アトリエか。NCも油彩だが風景画をよく描いた。ついアンドリュー・ワイエスの絵に共通点はないか、と見てしまう。
「宝島Treasure Island(Title 1)」( 1911)スティーブンスンの冒険小説。
「ロビンソンクルーソー Robinson Crusoe Illustration 」(1920 )挿絵は張りつめた緊張感がいのちだ。
「View of the Barn Behind John Andress Farm, Chadds Ford 」(油彩 1917-1921)barnは納屋もしくは畜舎。
「Early Snow 」(1922 oil)初期の雪。初雪か。
「アーサー王と円卓の騎士 The Boy's Arthur King 」(1922 ) シドニー・ラニア 原作。少年向けといっても、挿絵は本格的。
「写真 」(1920)32歳、この撮影時息子のA.ワイエスは3歳。

image-20140530170902.png


次回はアンドリュー・ワイエスの水彩画。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

dragonfly

ボストン美術館でジェイミー・ワイエス展を見て来ました。
いろいろ調べているうちにこちらに辿り着いたところです。とても参考になりました。ありがとうございます。
きっとまたお邪魔いたしますね。ではでは。

by dragonfly (2014-10-12 19:03) 

wakizaka

こんにちは。コメントありがとうございました。うっかりしていて返事が遅くなり失礼しました。
アマチュアの独りよがりの文、お目にとまり恐縮しております。調べるにつれて、ワイエスファミリーツリーの大きさにびっくりしました。とんぼさんのブログ拝見しました。幅の広さ、実践に裏づけされた中身の濃さに脱帽です。また見せていただきますのでよろしくお願いします。
by wakizaka (2014-11-14 16:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。